3/24 日本vs韓国 そしてV2(^^)2V

こんなに仕事が手につかなかった日はいつ以来のことか。

98年のベイスターズ日本一のシリーズ以来?(笑)

とにかくまずはよく先制したと思います。

しかし、打っても打っても大量点につながらない。

ともすれば一瞬で流れがガラリと変わってしまうこの緊迫したゲームを支えてくれた岩隈-JOH。

同点に追い付かれた後向こうに流れかけた勢いをバッサリ断ち切った内川のギャンブルプレー。

最後の最後で一番大きな仕事をしたイチロー。

背負うものが大きすぎて、あわや完全自滅になりかけたものの、必死に食いしばって最後を締めたダル。


勝利の瞬間は喜びよりも安堵感で一杯でした。


侍ジャパン一人ひとりに、いや日本プロ野球界に携わる全ての一人ひとりに、

「おめでとう。そしてありがとう。」

と。


それと、アジア野球の素晴らしさ、レベルの高さを世界一の舞台で繰り広げてくれたことに感謝です。



今回のWBC。

ここに至るまでの様々な経緯を思い起こすと、王さんが一番感慨深いのかもしれないな…とふと思ってしまいました…


あらためておめでとう。
そしてありがとう。
侍ジャパン。


画像

"3/24 日本vs韓国 そしてV2(^^)2V"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: